W3C(World Wide Web Consortium)

W3C
  • W3Cの正式名称は「World Wide Web Consortium」で、インターネット上で用いられる技術の標準化を目的とする団体です。 Webの標準化団体で、HTML, XML, XHTML, CSSなどの規格をとりまとめているところ
  • WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体。WWW技術に関わりの深い企業、大学・研究所、個人などが集まって、1994年10月に発足した。 現在では、マサチューセッツ工科大学計算機科学研究所(MIT/LCS)、フランス国立情報処理自動化研究所(INRIA)、日本の慶應義塾大学SFC研究所(Keio-SFC)がホスト機関としてW3Cを共同運営している。

W3C準拠について

  • Web制作がより多くの環境からの閲覧を可能にします。表示でも確認できますが余計な部分が省かれてとても洗練されていますので検索ロボットのスパイダーが読みやすいWebサイト構築となり、SEO対策に効果があります。

W3C準拠によるWEB制作のメリット

  • SEO(検索エンジン最適化)にすぐれている。
  • ウェブアクセシビリティの向上
  • データの軽量化(ページの読み込み速度の向上)
  • メンテナンス性の向上
  • デザイン変更・リニューアルが容易
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップwb

ご自分で可能なSEO対策