検索エンジン最適化 w3c準拠のホームページ制作 スマホサイト

W3C(World Wide Web Consortium)とは

  • 基本的にWEB標準であるW3C標準に準拠したWEB制作(XHTML+CSS)を行っています。 W3Cの正式名称は「World Wide Web Consortium」で、インターネット上で用いられる技術の標準化を目的とする団体です。
    Webの標準化団体で、HTML, XML, XHTML, CSSなどの規格をとりまとめているところ
    WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体。WWW技術に関わりの深い企業、大学・研究所、個人などが集まって、1994年10月に発足した。 現在では、マサチューセッツ工科大学計算機科学研究所(MIT/LCS)、フランス国立情報処理自動化研究所(INRIA)、日本の慶應義塾大学SFC研究所(Keio-SFC)がホスト機関としてW3Cを共同運営している。
  • W3Cのホームページはこちら(英語)

検索エンジン対策

  • 検索エンジンでキーワード検索した際に検索結果のページで上位表示して いれば、訪問者の増加を期待できます。また逆に低いと、新たな訪問者を サーチエンジンより見込むのは難し くなってしまいます。検索エンジンで上 位に位置すればするほど、訪問して頂ける可能性は高くなりますそれだけ 企業の利益にも影響します。
  • ※ 80%以上の人がキーワードによってサイトを検索しているのが現状 そのうちインターネット利用者の70%以上が2ページ目までなのです! そこでSEO(検索エンジン最適化)を行う事によって出来る限り訪問者を取り こぼさないようにする事がアクセスアップにつながる事と思います。

格安ホームページで検索エンジ対策を実施

  • 個人事業主や中小企業の方中心に施工させておりますがコスト削減は当然の事ですが、あまり抑え過ぎますと、ただホームページがあるだけ死んだホームページと言っても過言ではありません。
  • しかしながら格安でホームページだから検索エンジンなかなか表示されない。 世の中に貴サイトの名前を表示されなホームページは意味をなさないのです。 。

スマホサイト制作

  • 現在お持ちのホームページで新規にスマートフォン対応のページのみを追加することが可能です。。
  • その際、現在ご利用のホームページアドレスを使う事も可能です(振り分ける)。

W3C準拠によるWEB制作のメリット

  • SEO(検索エンジン最適化)にすぐれている。
  • ウェブアクセシビリティの向上
  • データの軽量化(ページの読み込み速度の向上)
  • メンテナンス性の向上
  • デザイン変更・リニューアルが容易
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップwb

ご自分で可能なSEO対策